あや野のやる気!元気!いわき!1000%

回想録メインの自由帳的な絵ブログ

魁!男のヌードモデル

夏のある日、周りの乙女たちはざわめきたっていた。

なぜならばもうすぐ「男性ヌードモデルデッサン会」があるからだ。

f:id:ayanojiru:20150605150734j:plain

 

 

私は、某女子onlyの美大に通っていた。

今回のヌードデッサンモデルが、男性であるという詳細を聞かされた乙女たちは口々に「穴が開くほど凝視してやりたい!!」等と発し、期待感で校舎は揺れいてた。

f:id:ayanojiru:20150605155742j:plain

 

 ・・・

 

「ん???男性ヌードモデル?それくらいのことで興奮すんのか??」

なーんて思ったアナタ!!!!!アナタねえ!!!!全然!!!!!(怒)

f:id:ayanojiru:20150605160946j:plain

 

 

 

このインターネッツ”ワンツー検索”で何でも見れちゃう一億総助平なご時勢に何言ってんだ?!なんて思ったアナタ・・

f:id:ayanojiru:20150605161206j:plain

 

 

 

 共学の大学生はさぁ「あの後輩食っちまったぜぇ」な~んて、男女入り乱れちゃぁのチャラチャラROCK'IN★パーティーに勤しんでるんだろぉぉぉぉ??だからそんな事思えちゃうんだろ?えええ??(THE女子校出身者の偏見/ごめんなさい)

 

 

はぁそうさ・・・(タメ息)

残念ながら我が大学は男女のイチャパーとは程遠い環境だったよ。

 まず女子大だしね・・・

 

 

おまけに、自然豊かな相模原の奥地にうら若き乙女達だけで幽閉されていたしさ・・・教授も女ばかりだしさ・・・あまりに男性と接する機会が失われ過ぎて、、還暦過ぎのたま~に現れる清掃のじいさんにもファンがいた程・・・飢餓状態だったんですわ。

f:id:ayanojiru:20150605164638j:plain

 

 ・・・ 

 

f:id:ayanojiru:20150605165846j:plain ♪~今日も明日も女女女の毎日だぜ!!平和だぜぇ?!どんどん浮世と感覚ズレてくぜぇ!!オラオラ!チンポコってなんやねん!!?どんな形しとんねん!!?チンポコってのあんなら見せてみやーーー!!!わいらにポコチン見せてみやーーーー??ポコチン一揆を巻き起こすぜええええええええええ!!!!

 

 

ん??

あ、そうかあ☆UMAかあ~チンポコってのはUMAなんかあ~アハアハアハハハハ

f:id:ayanojiru:20150606032058j:plain

 

 

正にそんな状態なんですよ!(怒)

ポコチン大飢饉に陥る乙女多数!!!

みてえ、、早くみせろよ 、、と鼻息が荒いんです。

 

 

 

そしてそして、待ちに待ったデッサン会当日!

f:id:ayanojiru:20150606034753j:plain

 

 

 

現れたのは、残念ながらイケメンとは程遠いおっさん2名。

がっかり・・・これはもうガッカリ・・・肩を落とす乙女多数・・・

f:id:ayanojiru:20150606040301j:plain

 

しかし!!!

 

「でも、まぁええ!!!ポコチン大飢饉のわいらにゃそんなの関係ねえ。

はよチンポコみせてみや~~~!!!」と、即座に元気を取り戻した。

 

 

私は、モデル2名中の1人、肩太り筋肉系坊主のおっさんを描く事になった。

f:id:ayanojiru:20150606041657j:plain

 

「それでは始めまーす、まず5分ポーズから!」の合図と共に、ガウンをサッと剝ぎ取り、おっさんの裸体が露になった。もちろんポコチンも(これからはポコチン=”凸棒”と表記しよう)、、、

 

 

おっさんのモノは例えるならば『ラディッシュ坊や』だった。

f:id:ayanojiru:20150606043640j:plain

 

 

おおお・・これが凸棒かぁ、と凸棒の感動を味わう間も無く、シ~ンと静まり返ったアトリエで、真剣にカリカリと描き続けた。カリカリとね!

 

凛と立つ裸体に向き合いデッサンしていると、何だかよくわからんおっさんの裸体すら高尚なモノに見えてくるから不思議だ。あれはなんだ一体。芸術という名のまやかしか?!まやかしなのか?!

f:id:ayanojiru:20150606050242j:plain

 

 

また、難易度の高い複雑なポーズを要求され、若干プルプル耐えているおっさんを見ているうちに段々と

「頑張れ!頑張れ!プルプルおじさん・・・!」と淀んだ心の声は、いつしか応援歌へと変わっていた。

f:id:ayanojiru:20150606053519j:plain

 

5分、10分・・・静止ポーズのデッサンが終了した。

 

 

静止ポーズを描き終え、心地よい疲労感の中で私は・・・凸棒のことで頭が一杯だった己を恥じた。ごめんなさいだよ。

f:id:ayanojiru:20150606052514j:plain

 

 

・・・・

 

 

静止ポーズの次は、ムービングクロッキーだった。

※ムービングクロッキーとは、自由に動くモデルを思い思いに捉え、描いていくというもの。

f:id:ayanojiru:20150606055217j:plain

 

ムービングが始まった途端!

先ほどのプルプルとは打って変わり、急に表情豊かにモソモソと蠢き始めたおっさん・・・

f:id:ayanojiru:20150606060959j:plain

 それらはいつしか静かに~からの~どんどん激しい動きに変わっていった。

 

んんん?!

この動き、どこかで見たことがあるぞ・・・!

そうか!

彼、もしかしたら本業は暗黒舞踏のパフォーマーなのかもしれないぞ!坊主だし。

f:id:ayanojiru:20150606062741j:plain

 

 

静止クロッキー時のプルプルとした彼の姿は、どこかへ吹っ飛ぶ程生き生きとしていた。

 

『この場所は自分の表現の舞台だ!!みんな見てくれ!!!さっきのは忘れてくれねえか!これが俺の真の姿だよ!!!』と言わんばかりの、水を得た魚状態で飛び回る彼。

ラディッシュ坊やも揺れる、、揺れる、、揺れる、、、

f:id:ayanojiru:20150606064051j:plain

 

身体を赤くなる程叩いてみたり、ダイナミックでそれはもうヌードモデルの領域をとうに超えていた。

「ボクの表現見てください!」だった。

彼は表現を、芸術を、舞踏を愛しているに違い無い・・・と確信した。

f:id:ayanojiru:20150606065503j:plain

 

 

 

・・・・・

 

 

 

その後もトランス状態で動きまくる彼。

f:id:ayanojiru:20150606071258j:plain

 

しかし次の瞬間

 

 

 

あれ程までに激しく打ち震わせていた己の肉体の抑揚を”ピタッ”と止めた。

f:id:ayanojiru:20150606071525j:plain

 

 

そして、少し前かがみにうずくまる体勢で・・・約30秒程固まった。

f:id:ayanojiru:20150606072501j:plain

 

 

静まり返るアトリエに緊張感が走る。

 

 

ゴクリ・・・

 

 

 

 

ゴクリ・・・

 

 

 

ゴクリ・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 次の瞬間!

顔をあげた彼はこう言い放った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ayanojiru:20150606104930j:plain

「にゃ~お」と・・・

猫ちゃんのポーズをキメながら、笑顔で・・・ 

 

 

 

f:id:ayanojiru:20150606105629j:plain

 

 

 

 

水を打ったかのように静まり返ったアトリエ内に響く、甲高く粘ついたおっさんの「にゃ~お」の残響・・・

 

 

 

 

f:id:ayanojiru:20150607165014j:plain

 <みんなの心の声> 

『!!!!!ムービングでなぜ音声!?!それだけでも斬新なんですけど・・!でもそれだけならまだしも・・・笑顔でニャーオて・・ナーオて??アカンアカン・・・吹いてまう・・・パニック!!・・・ダメだ・・ダメだ・・・・もう耐えられない・・・』

乙女たちの肩は、小刻みにプルプルと震えていた。

 

 

 耐えた・・・耐えた・・・私たちは耐え抜いた・・・

 

まさかプルプルおじさんに、こちらがプルプルさせられるなんて、数秒前には夢にも思わなかった。今のは現実?!正気か?狂気か?!・・・うろたえた。

 

 

f:id:ayanojiru:20150607172728j:plain

その後もトランス状態で動きまくる彼に、乙女たちの悲痛な思いは届かない・・・

 

もう誰も彼を止められないと思った、、

止めることは出来ない!!

 

 

 ノンストップダンシング!!

ノンストップ自己愛!!

ノンストップぷるぷるぷるぷる・・・

 

クロッキー・・・グロッキー・・・・グロッキーなクロッキー・・・・・

<ひたすらリフレイン>